引越金額が、引越会社さんによってだいぶ差があるって、知っていました?

おすすめ,予約,業者,引越,引っ越し,引越し

結婚、就職、進学、単身赴任、など、このような時、必要になってくるのが、引っ越しです。
荷物が多くなればなるほど、引越は、自分だけですますのはキツくなってきます。
もちろん、一人暮らしで荷物が少ないとしても、ひとりだけで引っ越しするのは大変なことです。
そうなるとやはり、引越し屋に依頼することになるでしょう。
ですが、引越し金額は、意外に値が張るもの。
できるだけ安くすませたいですよね。
そんな時活躍するのが、引越し業者ごとの引っ越し金額が分かる、一括見積りサービスです。
引っ越し費用を、引っ越し業者さんごとに比べることができちゃうんです。
複数の引っ越し会社の価格が分かるので、安い業者にお願いすればOKです。
たったこれだけで、数千円〜数万円もういてしまうんですよ。

引越し価格が1番安いトコロは?無料見積もり比較

引越し侍

引越し侍

日本全国230社を超える引越し会社が参加している、比較見積りサービス。
最大で10業者に一括見積もりを依頼可能です。
最高額と最低額の金額差が50%も付くことも!
そしてさらに、引越希望日を指定して引越しの値段を比較することも出来ます。
キャッシュバックや「引っ越し手続きガイドブック」のプレゼントなど、お得で嬉しい特典キャンペーンも時期によって行っているので、チェックしてみませんか?
引越し侍・予定日で比較
引越し侍で安く引越

↑↑↑↑↑
引越しの予定日が決定しているならコチラ!
人気上位業者に予約☆

引越し侍・じっくり比較
引越し侍でじっくり比較

↑↑↑↑↑
じっくり最大10社に一括比較ならコチラ☆


ズバット引越比較

ズバット引越比較

全国220業者以上の引っ越し業者と提携している、無料一括比較サービス。
利用者が400万人を突破してる、人気の一括比較サービス。
利用者が400万人を突破している、人気の見積りサービスです。
比較することで引っ越し金額を安く抑えられます。
住んでる場所によりますが、コチラも最大10社へ比較見積り依頼できます。
ズバット引越比較
ズバット引越比較で安い引越

↑↑↑↑↑
引越し金額を一括見積り比較


引越達人セレクト

引越達人セレクト

メジャーな引っ越し会社の金額を一括見積もりで比較できるサービス。
提携している引越会社は60社を超えます。
見積もり金額を比較することで、引っ越し金額が最大で55%も差ができることもあります。
キャンペーン中では豪華特典もあるので覗いてみては?
引越達人セレクト
引越達人セレクトの一括比較

↑↑↑↑↑
引越見積もり価格を比較

引っ越し業者に頼むなら、事前の予約がおすすめ

重たい家具や荷物を運ぶ時には有料ではあっても、プロである業者の肩の手を借りた方がスピーディーに事が運びます。
荷物を運び慣れない人が無理をして運搬しようとしても、大事な品物を壊してしまったり、腰を痛めてしまうことも。
その点は引っ越し業者なら荷物の扱いも心配はありません。
最近は良質なサービスで広告費をカットすることで料金を安めに抑えてくれるところも登場しましたから、費用面もかなり抑えることが可能です。

引っ越し業者に頼む場合は、急に依頼するのではなく事前に予約をすることがおすすめです。
安くてサービスのいいところでやってもらいたいというのは誰もが思うことですから、そういった人気の業者に確実に頼みたいなら予約は必須です。
引っ越しシーズンの場合は、うかうかしているとあっという間に人気のあるところは埋まってしまいます。

予約を行う場合は、その業者のホームページなどに大体二か月分くらいの予約状況がカレンダーで提示されていますから、それを参考にしてあいている日にちに頼みましょう。
基本的に日曜日に引っ越し作業をする人が多いので、この日は特に予約するように業者サイドからもおすすめされています。
平日は基本的にスムーズに予約が取れるでしょう。

電話をするまでにどれくらい料金がかかるかの無料の見積もりを出してみてから検討するのがおすすめです。
見積りを色々なところで出してから、どこが最安値か選び、無料サービスが充実している所に仕事をしてもらうのがベストです。

引っ越し業者を予約するおすすめのタイミングとは

引っ越しのシーズンは新生活が始まる前、年度が始まる前であり、2月や3月、8月も引っ越しのシーズンとなっています。
引っ越し業者としても、やはりこの時期が一番忙しいため、直前に予約の依頼、見積もりのお願いをしても多忙を理由に断られてしまいます。
特に3月あたりは平日ですら業者には依頼が殺到します。
転勤や大学入学による上京などがある程度早い時期に分かっている場合には予約だけ入れておくのがいいでしょう。
業者に予約がたくさんある状態で見積もりをするのと、まだ余裕がある状態で見積もりを出すのでは、相手の出方が変わります。
やはり早いことに越したことはありません。

引っ越し業者を選ぶにしても、新居を決めてから業者との予約に入るという人がいますが、ある程度の場所さえ決めてしまえば、その時点で見積もりを出してもしっかり対応してくれる業者も存在します。
こうしたことを利用してイメージを立てていくというのもいいでしょう。
予約のタイミングでおすすめなのは今住んでいる家の退去予告と同じタイミングで予約をすることです。
退去予告は1か月前にやっておくのが常識です。
1か月前であれば予約のタイミングとしては十分と言えます。

とはいえ、繁忙期となると、引っ越しの費用がかさむのは致し方ないことです。
どうしても引っ越しをしなくてはならない場合は除き、多少の時間の猶予がある場合には繁忙期からずらして引っ越しをするというのがおすすめです。